スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土台無茶な方向性。

2008.08.20 *Wed
この間殿様から[日本に比べて、海外の人は仕事でも好き嫌いをはっきり主張する]と聞いた。

"あんた嫌いだから一緒に仕事しない"というのも時々あるらしい。
殿様曰く「好き嫌い持ち込む割にお金には凄いシビアで、日本人の感覚だとアンバランスだなーと感じる事もある」そうな。
私は、多少仕事に好き嫌い持ち込んでも良いんじゃないかと思います(やる・やらないは置いといて)
と、言うより前々から仕事では感情を徹底的に排除すべし、という日本人の感覚が気持ち悪くて仕方ない。

どこまでいったって人間は生き物なんだもの。
いくら動物の中で特殊な存在で、理性や常識あってこそ人間と言えど、やっぱり動物なんだもの。
仕事だからって感情を出さない人は優秀、感情を出す人は駄目な奴、なんて待てコラと言いたくなる。
"円滑に仕事をする為にはこれが一番、仕事をするとはそういう事"とよく聞くけれど
その"仕事"を行うのは生身の人間。その意見は生身の人間の事まで見ているのだろうか?
"円滑な仕事"代償が個人の負担ならば、その"円滑"は何と不安定でその場凌ぎなのだろう。

『だから日本人はバタバタ鬱病になるんだよ』
殿様に苦笑いされてしまった。

まだ気楽なバイト以外で働いた事のない私だけれど、仕事が原因で鬱病になる人の何と多いこと。
感情を出さないようにして、その内無感情に仕事をするようになって、
時々ひょっこり顔を出す生身の感情と板ばさみにされいっぱいいっぱいになって…。
ひどい人は我慢して、頑張って、耐えて、遂に出勤すら出来なくなってしまった。
私は本人が隠そうとしていても、『あ、この人ヤバイな』と何となく分かってしまう。
実際『そろそろくるな』と思っていた人が数週間後会社にこ(れ)なくなった。
ちょっと変わった勘を持ちつつ見ていると、意外と多いんですよね、そういう人。

こうなってくると私が思うのは、本人も会社も不幸だという事。
ある程度年齢を重ねてから鬱病なり自律神経失調症(こんな病名ないけど)になると、きっと戻るのが凄く大変。
生活は?仕事の復帰は?家族は?将来は?
そんな不安を抱えつつ、切って治すという風にはいかない、先が見えないものと隣り合わせ。堪らない。
(手術する病気だと心配するのに、精神的な病気は軽くみる人がいる不思議。切って治るなら切りたいわい!)
会社の人は会社の人で、(私が実際に見た場合は)本人がそこまで追い詰められていたと知らず焦る人
理由や原因を知ろうともせず"弱い奴だ"と言い捨てる人と様々…(ホントに弱い人は我慢なんてしないんですよ~)
どっちにしろ本人が快復した時受け入れる土台を作る余裕がない。

"給料とは我慢代"なんて、どんだけ自虐的なんだと思うのです。
私が言われたら『ハァ~?』です。努力はしても過度な我慢なんてどんなに求められても嫌だね!
耐えて我慢して限界になってぶっ倒れて、仕事出来なくなってお金入らなくなって…あー書いてても悲惨!
そんな思考回路だから鬱病やら自律神経失調症なんてものが溢れてくるんじゃなかろうか。

そういう人がいる事を、その人がそうなった理由や原因がある事を、現実を、ちゃんと見えてるのだろうか?
…ちょっと違うかも?そう、見ようとしているのだろうか?
他人事じゃあないでしょう。明日はわが身かもよ。

何だかまとまりもなく長くなってしまいました。
要は感情ヌキのスマートなお仕事なんて聞こえが良いようだけど、人間はロボットじゃないからどっかで歪が出てくる。
だったら多少の感情は許されつつ、衝突したりしながらも紛い物じゃない人間関係を仕事しながら築けた方が、
長い目で見た時良いんじゃないかな?と思うのです。
私のバイト先のオヂサン達が好きな"完璧に感情をコントロール"なんて言葉私は大嫌いなのです。
感情のコントロールは確かにある程度可能だろうけど、完全さを求めるならロボットでもこさえて下さい。
"完璧に感情をコントロールしろ"なんて無茶だからこそ、
"自分の感情によって起こした事には責任をとれ"、と言ってくれた方が余程良いと思う。私はね。
ああそう、殿様だったら更にこう付け足しそう。
「そして自分だけで責任とれない事はするな。するなら他人に迷惑かけてる事だけは忘れるな。お前の事じゃ!」
…ご尤もです、ハイ。ゴメンナサイ。

なんて、"皆が触らぬ神に祟りナシ"としてる人(仮にも上司)のあんまりな天狗ぶりに腹がたって、
いい加減にしやがれと腕組んで『はーぁそうですかぁ』と言った私が言える立場じゃないけど(爆)
私はもうちょっと我慢と感情のコントロールというやつを学んだ方が良いかも!(分かってるならやれよ)
スポンサーサイト
COMMENT : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

桜音

Author:桜音
踊る事、歌う事が好き。
タップダンスが特に好き。
シアターダンスも好き、でもバレエは苦手。

夢があります。
同じくらい大切な人がいます。
良くも悪くも、
私の世界はそれを中心にまわっています。

根なし草です。
世界が狭いです。
自覚してます、タチが悪いです。
柔軟性がないしエゴイストです。
本当は自分の世界を広げたい。
きちんと根を張って生きてゆきたい。
自分が好きだと、躊躇せず言いたい。

そして最初にカミングアウト。所謂メンヘラーみたいです。
でも、所詮ハンデの一つと考えています。
上手に付き合っていこうと思っています。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © La Chasse Aux Papillons All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。