This Category : ひとりごと

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦がれる

2009.05.10 *Sun
頭の中がたった一人の事でいっぱいになる

何度もメールを読み返して
携帯が鳴るたび彼じゃないかとドキドキして
連絡がくると心臓が跳ね上がるような気分

本当は電話したい。
声が聞きたくて仕方ない。
メールでも良い。
ほんのちょっとの短いものでも待ち焦がれてしまう。
仕事中の相手に、連絡なんて出来ない。

切なくてしょうがない
恋しくてたまらない

早く帰ってきて。
スポンサーサイト
COMMENT : 2

今だから分かる

2009.04.12 *Sun
この間、心療内科へ行ってきました。
(薬飲んでれば日常生活それなりに営めるので、あんまり自覚がないけどメンヘラーさんらしいです…)
毎回用事と用事の合間をぬってとか、用事が後に控えていたりで
ほぼ薬診(簡単に近況を話して処方箋を書いて貰う事がメイン)状態だったのですが、
病院(主治医)変えたのはちゃんと本腰入れて治す為だったと思い出す。
しかもここ数週間何やら食欲が出なかったり吐いちゃったり、なかなか眠れなかったりが続く。
内科では症状を止める薬だけが出てきて、原因は分からんとな。そら困る。
そんな訳で用事をちゃっちゃか片付けてヘロヘロ疲れて眠い状態ですが、時間に余裕を持って心療内科へGO。

今までは現状だったりほんの数週間前の事だったり、基本自分の事について話していたのですが
殿様との関係、彼が私にとってどんな存在か、親族に対する気持ち、過去にあった事、
昔ドカンと鬱病に罹る前に思っていた事など色々話しました。

ずっと抱いていた気持ちが、言葉にする事で
『ああ、私はずっとこう思っていたんだ。』と気付いたり、不思議な感覚でした。
以下暗い内容。
COMMENT : 0

成長させてくれる人

2009.04.06 *Mon
殿様と食事をしながら、ちょっと大事な話をしていた時の事。

「俺の希望は××」
『…あたしは○○』
「正反対やね」
『…○○は、どうしても無理?』
「いや?俺は○○自体が嫌なわけではなく、それに伴う事が嫌なわけだから…
例えば、お前が□□をすれば不満自体出ないから、××にこだわる必要はなくなる。
でもお前には無理じゃない?分が悪いと思うし。」
『正直簡単じゃないけど…。
あたしの希望を通して貰う為なら、分が悪くても良い。そうしてでも○○にしたい。』

「………」
殿様が考え事をする時の仕草。
私は怒らせたのかなと不安になる。

ふぅ、と一息おいて…
「成長したって事かねぇ」
『…?』
ナンノハナシ?
COMMENT : 0
CATEGRY : ひとりごと | THEME : 大切な人。 | GENRE : 恋愛

いつか

2009.02.02 *Mon
過ぎ去ってゆく
通り過ぎてゆく
残されるのはいつも自分。

だから、いつかひとりぼっちになる事ばかり考える。
たったひとり、残される事ばかり考えてしまう。
COMMENT : 0
CATEGRY : ひとりごと | THEME : 心のつぶやき | GENRE : 心と身体

家族

2009.01.04 *Sun
この間里帰りして、しみじみと思い知った。
本当に信じて頼りに出来る人は、付き合っている彼だけだと。
気持ちを偽らず、嘘を吐かず、嘘をつかれる事もなく、
本質と真実を何の心配もなく打ち明け理解し合える人。
私にとってそれは、彼だけ。

未だにどんな事があっても、親は子より偉いと盲信する祖父母がいるせいか
気を大きくした母に、私が何かにつけ彼を精神的に頼る事を徹底的に責められた。
「そんなに彼が良いなら養って貰いなさいよ」
ああ、まただ。
最近は慣れた…いや麻痺と言うべきか。
呆れて心底軽蔑するだけで済むけれど、昔は本気で殴ろうと思ったな…。
なんて貧しいのだろう。
どうしてそんなに卑屈なのだろう。

「思っていることを言え」と言いつつ、
私が思ったままを言えば(取り繕わない私も間抜けだけど)徹底的に攻撃する。
尊重するふりをして、「媚びろ」「可愛くしていろ」結局それを言いたいだけ。
ありのままを受け止めるつもりもないのに、真実を知ろうとする。
真実が自分の希望と違えば他人を責め、そこから本質を捻じ曲げて行こうとする。
希望以外の現実を見たくないのなら、背を向け目を瞑っていれば良いのに。
自分の望んだ世界を他人にも押し付けたいのなら、取り繕えとハッキリ言えば良い。
都合の良い真実が欲しいなんて、傲慢にも程がある。

こんな事をぐだぐだと書いているけれど、
単純な茶番劇を見せて、これが私の本心だよと嘘を吐くのが一番簡単だと知っている。
知っていてそうしない。だからこうなる。それも分かっている。
未だどこかで、それらしい親子になれるんじゃないか、家族として付き合っていけるかも知れないと
何十回何百回と裏切られ踏みにじられてきた希望を捨てられないでいる私が、きっと一番馬鹿。
誰も私の本心を必要としない。
欲しいのは望むままの愛玩的存在。それに人格は要らない。
COMMENT : 0
CATEGRY : ひとりごと | THEME : わたしの心 | GENRE : 心と身体

プロフィール

桜音

Author:桜音
踊る事、歌う事が好き。
タップダンスが特に好き。
シアターダンスも好き、でもバレエは苦手。

夢があります。
同じくらい大切な人がいます。
良くも悪くも、
私の世界はそれを中心にまわっています。

根なし草です。
世界が狭いです。
自覚してます、タチが悪いです。
柔軟性がないしエゴイストです。
本当は自分の世界を広げたい。
きちんと根を張って生きてゆきたい。
自分が好きだと、躊躇せず言いたい。

そして最初にカミングアウト。所謂メンヘラーみたいです。
でも、所詮ハンデの一つと考えています。
上手に付き合っていこうと思っています。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © La Chasse Aux Papillons All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。